MENU

区民税・介護保険料、税金の払いがいがある区に!

片野かずえの基本姿勢

  • 子どもたちや若者たちを大切に育て、安心して歳を重ねることができる足立区に
  • 区民が主役!区民の声と地域の力で足立区を豊かに暮らしやすくします
  • 区民の目線でみんなでチェック。重複する事業や成果の上がらない事業は組み替えで効果を検証

片野かずえの政策

・保育園はどの年齢においても待機児童ゼロを実現 ・病児・病後児・休日保育を行う基幹型保育園を設置し働くあなたを応援 ・子育てや発達の不安を抱える誰もが相談・支援に繋がる教育相談窓口を増設
・副担任制の復活、給食費の無償化 ・地域の経験者を活用した部活指導などを取り入れ、教員が個々の子どもに合わせた教育を行うために必要な時間を作ります ・誰もが利用できる放課後・休日の学童、居場所の充実
・子どもの「生きる権利」「育つ権利」「守られる権利」「参加する権利」を保障する視点で施策を策定します ・虐待やいじめ、18歳以下の子どもが家族をケアする「ヤングケアラー」の早期発見を可能にするセーフティーネットの構築
・人生の主役は自分!介護保険の隙間を埋める区独自の施策と小規模多機能ホームの増設で介護する人も介護される人も自分らしく暮らせる区に・介護予防に努めるあなたを応援! 区施設の利用料にシルバー料金 を設定し介護保険料を⤵︎・人生の主役は自分! 介護保険の隙間を埋める区独自 の施策と小規模多機能ホームの 増設で介護する人も介護される 人も自分らしく暮らせる区に
・主役は区民! みなさんとのパートナーシップを高め、区民・事業者・行政一体で区の課題解決へ  ・独りよがりにならない区政! みなさんの知る権利を大切にし区政の情報をオープンにします
・しがらみが生まれる組織・団体の支援は受けません! ・キッパリ無所属・市民派の政治!利益誘導型政治とは無縁です! ・議員報酬を含む区の財政の見直し・適正化を実施します
・区内の交通難民を解消!コミュニティバス「はるかぜ」に区の北東部と区役所を結ぶ路線を新設します ・会社や学校、買い物帰りに気軽に利用できる図書館やカフェを併設した学習センターを駅チカに!
・地域福祉・防災・防犯の要である「地域を支える人」と活動を支援し、地域と人々をつなげ互助・共助の暖かいまちに! ・もしもの際に乳幼児や妊産婦も安心して過ごせる「指定避難所」を作り、いざという時に備えます
 私は約30年間、地域の英語の先生として足立区の子どもたちの成長にかかわりながら、国や家庭が貧しいために学ぶ権利が保障されていない子どもたちを支援したいと、タイのスラム街にある学校でボランティア活動を行い、インドネシアの村に図書館を併設した児童館を設立しました。
 
 足立区にも経済的なハンデを背負った子どもたちが大勢いると知ったのは、2013年の秋。運営する教室のスタッフと教え子たちとともに、経済的な理由で塾に通うことができない子どもたちへの学習支援をスタートし、地域福祉活動に足を踏み入れたことで「区民参画」という形で区政と接するようになりました。

 活動を積み重ねることで、徐々に他団体との連携やボランティアスタッフの参加でスポーツや調理体験など新たな事業も生まれ、成果が感じられるようになりました。しかし、その一方で様々な困難や悩みを抱える子どもたちやお母さんたちの涙を目にし、誰もが社会的弱者になる可能性があるにもかかわらず、社会に復帰できる支援が薄い日本社会への疑問や「区民参画」への壁を感じるようになっていきました。

もがく中で出会った「よりよい社会にするために女性議員を増やしたい」と行動する方々からいただいた「政治」という視点。
子どもたちやお母さんだけではなくすべての人が笑顔で暮らせる足立区をみなさんと一緒につくりたい。そんな想いで区政に挑戦します!

片野 かずえ

1週間、暖かい励ましの声、応援ありがとうございました


ー片野かずえの想いー 街頭での活動

2019/5/25 選挙活動最終日街頭動画1【無所属だからこそできること】
2019/5/25 選挙活動最終日街頭動画2
【 「不登校をなくしたい!地域の力で通いたい・働きたくなる学校へ!」】